Solarpower

太陽光

太陽光とは

太陽光発電は、ご自宅の屋根などに太陽電池を設置して太陽の光で電気をつくります。
つくった電気は、実際にご家庭で使用して、使い切れずに余った電気は電力会社が買い取ってくれます。災害で停電になった時でも太陽が照っていれば、電気を使うことができます。(※PV-PS18Gは除く)環境に優しく経済的にも嬉しいシステムです。
img_solar01
太陽光のメリット・デメリットをご紹介
  • メリット
    ①地球にやさしいクリーンエネルギー
    三菱の太陽発電(3.7kWシステム)を設置した場合、たとえば東京都のわが家なら年間予測約3.808kWhの電力を発電。これにより一般家庭の年間CO2排出量(約1.980kg/CO2)の60%以上にあたる約1.198kg/CO2を削減できます。また石油消費量に換算すると、年間で約48缶分(18L缶)を節約できることになり、限りある資源もいっそう大切にできるわけです。

    ②買電・売電システム
    余った電気は売り、発電量が不足したときは買う合理的システムになります。
    昼間に発電して余った電力は電力会社に売り、雨の日や夜間は従来通り購入。この電力会社との系統連系により年間を通じて電気料金を軽減できます。太陽光発電は、経済的効果の高さも注目されています。

    ③災害時にも活用できる
    太陽光発電では通常時、パワーコンディショナを通して、照明やコンセントなどに電気を供給し、余った電力を電力会社へ送り買い取ってもらいます。しかし停電時は、パワーコンディショナから自立運転専用コンセントへと切り替えることで、電気製品を使用することができるようになります。もちろん、使用できるのは日中に発電した分の電気に限られますが、停電時には、この電気が強い味方になることは間違いありません。
  • デメリット
    ①屋根の向きにより、設置できない家が存在していた
    最近までは屋根の向きにより、パネルが設置できない家が存在していましたが、現在のパネルはそういったお客様にも対応できるよう、いろいろな種類のパネルが開発されています。一度太陽光発電の導入を検討されたが、断念されてしまった方、弊社に一度ご連絡ください。

    ②設置費用が高い
    昔は太陽光発電の導入で計300万円かかっていましたが、現在では300万円で太陽光発電、蓄電池のセットを同時に導入することが可能です。
    太陽光発電で発電した電気を売るだけでなく、蓄電することで災害時の活用や昼間に発電した電気を夜間に使用するなどの活用方法が効果的です。
Voice

お客様の声

太陽光・蓄電池をセットで導入しました 太陽光蓄電池
導入のきっかけは訪問販売で来られた会社の値段を比較する為に、何社か見積もりを取らせていただい所からでした。たまたま知り合いの家で設置された業者さんで親身に対応してくれる会社さんだから見積もりだけでも取ってみたらというのがきっかけでこちらから連絡してみました。何度か担当の方が足を運んでくださりました。以前訪問で来られた営業さんはすぐに決めていただかないとこの条件では出来ませんと言われ主人と私のほうが安い金額ではないですしすぐには決められないと話した所、怒って帰ってしまったり大変イヤな思いをしましたが、株式会社スカイクリアさんの担当者さんは何度か足を運んでいただいてもイヤな顔ひとつ見せずにとっても真摯な対応してくれて、この人だったら任せられるねという事で主人と家族会議をして導入を決意致しました。細かい説明と気配りにも感心しましたが、子供におもちゃまで買ってきたり色々と良くしていただき大変満足です。またおうちの事で困った事が出てきたら相談させていただきます。
A650D277-8AD7-46F8-99E6-04E493C13F36
N様 太陽光
妻が3人の小さい子供を見ながら家事をこなしております。当然のこと日中は炊事・洗濯・掃除で大忙しです。基本的に家にいるためエアコンもつけっぱなしですので電気代に対してとても悩んでいました。自分のほうが以前から太陽光には興味があり、太陽光を設置して電気代を節約したらいいんじゃないかと思い、ネットや口コミなどを色々と比較して思い切って導入したところ、電気代も半分以下になりましたし、なんといっても余った電気を買ってくれるのがよかったです。ありがとうございました。
画像
取り扱い商品について
弊社は国産メーカー、海外メーカー問わずたくさんの種類のメーカーを取り扱っております。なにかお探しのメーカー、お決まりのメーカーがございましたら一度弊社にお問い合わせください。お客様一人一人がもっと環境に配慮し、良い暮らしができるよう全面的にサポートさせていただきます。